麺や鐙について

店主の想い

店主

平成16年、私の地元茅ヶ崎に本店をOPENしました。

もともと洋食店、ラーメン店のシェフ経験から、 「月一度食べにいきたくなるようなラーメンではなく、週に一度でも二度でも食べに行 きたくなるような飽きのこないラーメンで、地域に愛され続けるラーメンを提供できる お店をつくりたい!」という思いから
ここ地元、茅ヶ崎にラーメン店をオープンすることになりました。

創業から今年で10年を迎える本店では、当時はお父さんやお母さんに連れられてきてい た子が高校生、大学生となり、友達や彼女を連れてこられたり、
仲間できていた大学生達が結婚し、子供を連れてきたりと、
地域とともに成長してこられたように感じます。

今後共、各店舗が各地域でそんな存在になり、共に成長していければと思います。

店主 岸 秀樹

沿革

平成16年
「麺や鐙 茅ヶ崎本店」オープン。
平成18年
「麺や鐙 壱番」オープン。
平成24年
「麺や鐙 大和店」オープン。
平成28年
株式会社 鐙 設立

素材へのこだわり

スープ

スープ

臭みを消すために鯛を丸ごとカリカリに焼き、白菜などの野菜類とじっくり炊 きだした魚介ダシ、げんこつ、背ガラ、鶏ガラを強火で12時間炊きだした豚 骨スープを営業前に1つの寸胴に合わせたWスープ。
こうすることにより、それぞれの旨味をベストな温度、時間で抽出することが できるので、鐙独自の複雑な味わいのバランス良いスープが出来上がる。

焼き豚

焼き豚

スープ、麺に次ぐ第三の主役とも言えるチャーシューは、肉の旨味を閉じ込めるためボイルをし、赤ワイン正油をベースに継ぎ足しで使用している。
そのため豚肉の旨みも加わった特製ダレでじっくりと煮込み、ラーメンとの相性で肩ロース、豚バラの二種類を使い分けている。

ネギ

ネギ

関東のネギに比べ、緑の葉が柔らかく独特な甘味をもつ九条ネギを、京都より直送で仕入れている。
白髪ネギは関東の長ネギを私用しているため、一杯のラーメンで東西のネギを両方楽しむことができる。

柚子

柚子

鐙の特徴のひとつである「食べ進めていくうちにサッパリとした爽快感」を与 えてくれる柚子は、産地として有名な高知県の農協より取り寄せたものを使用。

麺

鐙の醤油ラーメンは、モチモチ食感の太麺とスープとよく絡む細麺から、お客様の好みで選べます。